沖縄・台湾旅行記 2日目 ? 台中観光編

2016年11月25日

1
旅行2日目です。朝のピーチ便で那覇空港から台湾桃園国際空港へ向かい、台湾新幹線を利用して台中へ向かいました。台中初日は虹の村・彩虹眷村や台湾最大級の夜市・逢甲夜市などを観光しました。

【前の旅行記】
https://travellingmemory.com/20151208-00/

スポンサーリンク

旅行2日目開始!那覇空港から台湾桃園国際空港へ移動


9:05発のピーチ921便を利用して那覇から桃園空港へ移動します。ピーチ便は那覇空港LCCターミナルから出発します。

1
朝食はタコス巻き。LCCターミナルに行く前にファミリーマートで買っておきました。


9:05に那覇空港出発 → 9:40(日本時間 10:40) 台湾桃園国際空港到着です。ピーチ便は第1ターミナルに到着します。

https://travellingmemory.com/20151209-01/

SIMカードの購入

1
入国審査を終えて現地での通信対策としてSIMカードの購入をしました。桃園国際空港の第1ターミナルの場合、到着ロビーを出てから右側に進んだ「電信服務」と書いてある場所にあります。

1
カウンターでは3社の電話会社がSIMカードを販売しています。この中から「台湾大哥大」の3日間通信し放題+100元分の通話付きで300元のSIMカードを購入しました。確認書類はパスポートのみでOKでした。

台湾新幹線で台中へ移動

0
桃園空港から台中へは台湾新幹線を使って移動しました。
まず空港からシャトルバスを使って新幹線桃園駅(高鐵桃園站)へ向かいます。705番のバスで料金は30元でした。

0
桃園駅到着後、11:00の新幹線に乗車。
桃園から台中までの普通車指定席料金はオフピーク割引で515元(通常料金540元)でした

0
昼食は駅弁を購入。ジンジャーロース弁当(割引価格で100元)です。

1
11:37 新幹線台中駅に到着です。
ここからタクシーを使って最初の目的地彩虹眷村へ向かいます。

https://travellingmemory.com/20151209-02/

2日目前半 彩虹眷村と秋紅谷公園を観光

彩虹眷村

1
新幹線台中駅から約10分で彩虹眷村に到着。200元でした。
彩虹眷村はひとりのおじいさんが取り壊し寸前の集落に絵を描き続けて人気観光スポットになった場所です。
一通り見るだけなら30分もかからないで観光できる広さです。

0
鮮やかなおとぎの世界のような絵がたくさん描かれています。

1
彩虹眷村後は台中市街地へバスで移動しました。

https://travellingmemory.com/20151209-03/

秋紅谷公園

1
台中駅行きのバスですが、駅に行くのに遠回りするすると言われ、降ろされたのが朝馬バスターミナル周辺です。
そして、近くにある秋紅谷公園を観光してみました。

1
秋紅谷公園は半地下式の公園になっているのが特徴です。人工池を中心に様々な木花が植えられています。

1
公園内にはレストランもあり、ビルに囲まれた都会のオアシスのような場所です。

https://travellingmemory.com/20151209-04/

2日目後半 逢甲夜市と台中散策

0
秋紅谷公園からバスに乗り本日の宿泊先・中港大飯店へチェックイン。

そごうのからくり時計 in 台中

1
台中にあるそごうにやって来ました。

1
そごうの名物のからくり時計は台中でもありました。ちょうど18時前でからくり時計が動いていました。クリスマスをテーマにした背景に囲まれています。

逢甲夜市

0
夜は台湾最大級の夜市、逢甲夜市へ行ってきました。
21時時を過ぎての到着で通りには人がいっぱいで活気にあふれていました。

0
1時間ではすべてまわりきれないほどの規模でした。突然の雨もあり、グルメ巡りも思うようにできない中、唯一食べたお店が黄金左腿で買った鳥の唐揚げです。

0
注文してからの調理したものが提供され、衣はサクサクしていました。

逢甲夜市から台中市街地方面のバスはないといわれ、タクシーを探して、ドライバーに交渉。
(台中市街地にある)ホテルまでなら200元、朝馬までなら100元と言われ、朝馬経由でバスに乗り換えてホテルへ戻りました。しかし、乗り換えたバスを台中駅(終点)まで乗り過ごしてしまいました。

深夜の台中駅

1
午前0時前、深夜の台中駅です。人通りが少なくひっそりとしています。
ホテルの近くにあるバス停へ戻ろうとしましたが、すでにバスの運行は終了。タクシーで戻れば安全ですが…

1
静かな夜の台中の街を歩いてホテルへ戻りました。

スポンサーリンク